パイルが出た

投稿日:

解体屋です。大中環境です。今日は地中埋設物について、ちょこっと話をします。

先日、ある現場で解体後、地中からRCパイルが出てきました。直径30センチ位のパイル。パイルとは建物の下にある杭のことです。これが60本ほど出てきました。深さはどこまで入っているかがよくわかりません。このパイルがあることで、解体後、次に立てる建物の杭が打てません。なので撤去することになりました。ただ深さが結構深く入っていたので、次の建築に支障が出ない所までカットすることになりました。

図面があるわけではありません。出てきた時点で、深さを測りとります。結構大変な作業です。取り残しなどがあると、次の杭が打てません。その為、この写真のような格好で、はかってきました。ちょっとわらえましたねー。でも、気をつけていないと、2メートル下に落ちてしまいます。落ちたら自力でのぼれませんね。

オペさんの協力もあり、落ちずにすみました。大中環境の工務です。

今回はパイルでしたが、ホントにいろいろなものがでます。お宝でもでるといいのにと思います。



無題ドキュメント