解体

投稿日:

解体時に水道を使わせていただきます。
そのときに、水道のメーター付近のバルブを触らせていただくんですが、
バルブを日頃から触られる方はほぼいないと思います。
そのため、住まわれてからかいたいする数十年間はバルブを触ることなく過ごしていると思います。
意味でも今まで触っていなかったものを解体のときに開けたり閉めたりすることにより、劣化により壊れてしまうことがあります。
やはり長年触っていなかったものを触ることにより、劣化していたものが破損してしまうということが起きます。
敷地内のことだと費用がかかってきてしまうんです。
そして、その修理代は、劣化によりものなので、お客様持ちになります。
今まで使ってなかった分、このような修理代がかかる可能性があることを、頭の片隅に入れておいて頂きたいと思います。



無題ドキュメント