自撮り棒

投稿日:

解体の大中環境、不用品回収担当の田島です。この出だしもちょっと飽きてきました。そろそろ違う出だしを考えなければと思います。

先日より始まった解体現場では、かなり現場の写真を撮らなくてはいけません。その写真も看板をつけて撮らなければいけないのですが、大きい看板を用意して、それをいちいち書き直しをして撮るのは結構大変です。それで最近知ったのですが、ホワイトボードがついている自撮り棒がある事を最近知りました。便利ですね。これなら現場の人も写真が撮りやすいと思いました。

各現場に1つあると、埋設がでた時や助成金利用の時の写真も撮りやすくなることでしょう。ただ私自身が、時代に乗り遅れているというか、時代についていけていないので、結構新しいものが導入されると、知恵熱が出るほど疲れてしまいます。ですが、この自撮り棒については、工務から提案を受けたときにはすぐ賛成しました。

なるべく時代についていけれるよう、もう少し頭を柔らかくして物事を見ていきたいと思います。

新しいものも取り入れている大中環境です。今後ともお願いしたいと思います。





無題ドキュメント