続きまして〜

投稿日:

タイトモールドの続きをします。

つなぎ目がなく、一回で基礎を作ってしまうことを『一体打ち』と言います。

なぜタイトモールドが一体打ちでできるのかと言いますと、
基礎の型枠を一緒に埋めてしまうからです。
え??と思われましたか??
実はその型枠がシロアリ対策にもなってます。

その型枠を通過しようとしてシロアリがそこに入ると、その中でシロアリはしんでしまいます。

型枠にはシロアリが食べても消化することのできないようなものなので、シロアリがもし中にきても生き残ることができません。



無題ドキュメント