現地調査

投稿日:

こんばんは!

不用品片付け110番サイト担当しております大中環境の光田です( ̄^ ̄)ゞ

新時代になって10日が過ぎましたが、特に令和感を感じない今日この頃…

最近は4月から入社した新卒者3名と同行する機会が多く仕事を早く覚えたい気持ちが強めの面々から私もたくさん刺激をもらっています(^^)

そんな新卒者の1人、沖縄出身の當間さんと先日同行をして一宮市から下呂市に解体工事の現地調査にやって来ました。

こんな感じの山林に囲まれた静かで長閑な場所です。

現場を探していると周囲の道が非常に狭く、見て回って車両が通れるのか?重機は搬入できるのか?とうろうろ歩いていると…

まさか下呂市で懐かしき旧友との再会⁉︎

思わずパシャり(^^)

故郷を思い出し満面の笑みですね☆

ひとときの喜びの後に再び調査へ。

現場前の道路幅は3mほどあったので、4tダンプや10tクラスの重機を搬入する事ができましたε-(´∀`; )

ロケーションによって、工事の手間や原価が大きく変動します。道路幅や現場敷地の広さが無いと人力による解体になってしまう為、当然費用もプラスになります。

少しでも原価を抑え安価な見積書を提示できるよう現場の中だけでは無く、周囲を見渡し色々なパターンの提案を弊社ではできるよう日々活動しております。

新人の當間さんにも同様に現場調査時での注意点や押さえておくポイントを指導して、早く独り立ちできるようサポートしていきます。

今後、弊社へ解体工事や不用品の回収見積りのご用命をいただいた際には、新人3名の誰かが対応するかもしれませんので、その時には温かい目で見守っていただければ幸いでございますm(_ _)m

では皆さま良い週末をお過ごしください!



無題ドキュメント