海外の解体工事

投稿日:

こんばんは!

解体業者大中環境の不用品回収担当、川越です!

現在名古屋市内では、29カ国の外相と議論する主要20カ国・地域外相会合が開かれていますね!

G20と言われるこの会合ですが、

開催されている期間中、名古屋では大規模な交通規制が行われているとか。

みなさんは渋滞など影響はなかったでしょうか?(^^;

厳重な警備体制をとっているのはわかるのですが、今日はいつもより混んでいて大変でした。

それはさておき、各国の政治家がこの名古屋な集まるなんてすごいですよね!

実は私、大学では英語を主に専攻していて、文化、政治など学んでいたため、異文化にはとても興味があります。

アメリカに2年間留学した経験もあるのですが

解体女子になり、ふと思いました。

アメリカで解体工事していたかな〜、と。

全く記憶がないです。

多分なかったんだと思います。笑

現地の友人やネットによると、アメリカでは新築ではなく中古の家が好まれる文化的な背景があるようです。

中古住宅を購入したり、賃貸したりすると解体する必要はないですよね。

たしかに日本では新築の建物の方が金額として高いですが、海外では古い建物が高いと聞いたことがあります。

中古住宅の流通が盛んだと、空き家なども少ないそうです。

日本の空き家はどんどん増えていく一方、、

弊社でも様々な空き家の活用をさせていただいてます。

1つでも多くの空き家が新しく生まれ変われるように、空き家の将来についてお困りの方は是非一度、お問い合わせくださいね!

しかし海外でも解体工事が全くないわけではないそうです。

調べてみると、びっくりするような工事内容。笑

これはまたいつかのブログで書かせていただきます。お楽しみに。♩

交通規制は24日(日)までの予定なので、お休みとも被っており、渋滞も予想されますが、みなさん素敵な週末をお過ごしくださいね!

では本日はこの辺で失礼致します。



無題ドキュメント