安全対策

投稿日:

こんばんは。

不用品片付け110番サイトを担当しております大中環境の光田です。

以前のブログで今年は暖冬だってお伝えしたと思いますが、現状例年より寒い気がするのは私だけでしょうか(^^;⁇

布団から出るのが辛い季節が到来ですね。

外出するのも苦になりそうなんで年内いっぱいは暖房を入れるを我慢します(`_´)ゞ

さて先日ニュースで知りましたが、和歌山市で足場材が落下し通行人に直撃して死亡するという痛ましい事故が起きたそうです。

12階建てのビルの屋上にある看板の外部足場を解体中に落下したそうで、実は4日前にも同じく足場材を落下させていたみたいです。安全対策の是正処置を講じ防護ネットや補助ロープを使用しての作業中に起きた悲惨な事故ですが、実際には落下させた足場材には補助ロープをかけていなかったとか。。

40m以上ある高所での作業です。張り出し足場の解体かと思いますが、上下作業で資材を手で渡すバケツリレーの様な状態になります。

1つ1つに補助ロープをかける業務を怠ったのが原因なのかは不明ですが、何らかの安全対策を怠った事には違いないと思います。

危険を伴う仕事をしている身として、他人事とは思えない想いで見入ってしまいました。

解体工事でも一歩間違えば重大事故に繋がりかねません。作業員だけでは無く現場に関わる全ての者、1人1人の安全に対する意識の徹底が事故を防ぐと思います。

来月も弊社の安全会議がありますので、そこでも再度、安全への意識を高めていきたいと思います。



無題ドキュメント