安全大会

投稿日:

先日大中環境では工務が中心となって、安全大会を開催いたしました。大中環境では3カ月に1度、事故などについて話し合いをいたします。起こってしまった事故の反省もはもちろんのこと、今後、起こさないようにするためにはどうしたら良いか、全員がそれぞれ考えます。現場の立場から、工務の立場から、そして私たち営業の立場からと、考えて今後につなげて行きます。

現場での事故だけではありません。車の運転中の事故、現調中に起きた事故、いろいろあります。先日同僚の井上さんがブログで挙げていた私の怪我もそのうちの1つに入ります。大事にならずに済み、良かったですが、とても痛かったです。

皆さんも足元には常に気をつけましょう。

話を元に戻すます。

現場と工務と営業が揃って話し合いをする事はなかなかできません。なのでこの安全大会はとても重要な会議となります。それぞれが反省をしたりとかはできるのですが、一つ一つの現場を共有をして、人事ではないと自分の現場でも起きるかもしれないと考えて、真剣に取り組みます。

こうして少しずつ事故をなくすようにしています。起きてしまった事はどのように対処するかを考え、あくまで責める事は致しません。

私もいろいろと考え、実行していきたいと思いました。そんな大中環境の営業の田島がお送りいたしました。



無題ドキュメント