地盤改良工事

投稿日:

こんばんは。

先日、熱弁し過ぎていましたコパ・アメリカはスコアレスドローに終わってしまいましたね(><)

やはり南米の壁は厚かった。。

若手主体のチームで貴重な経験にはなったと思いますので、東京オリンピックの時には、今回の経験を糧に活躍してくれることを期待しておきます(^^)

若手と言いますと弊社の新人3人娘も現在、新規営業活動に奮闘しております。

メイン事業の解体工事に関しては、ある程度自信を持って話す事が出来るようになってきましたが、他の事業に関してはまだまだ知識をつける勉強と場数をこなす経験が必要です(^^;)

そんな新規活動によく同行してサポートさせてもらっていますが、最近は地盤改良についてよく興味を示してもらう先方さんが多いと感じます。

先日の新潟でおきた地震で一部液状化の被害があったこともそうですが、この愛知県でもいつ起きても不思議ではないと言われている東海地震について心配をされているエンドユーザーさんが多いという事だと思います。

せっかく良い建物を建てたとしても土台となる地盤が緩かったり補強工事が液状化に弱い工法なら地震が起きた際、不同沈下する危険性が高く、住めなくなってしまう可能性があります。

弊社が取り扱っていますハイスピード工法でしたら液状化に強く天然の砕石だけを使用しているため土地の価値を下げることがありません。

なぜ液状化に強いのか?

こちら本部であるハイスピードコーポレーションのURLをご参照下さい。

http://www.hyspeed.co.jp/kairyo/index_10.php

興味がありましたら是非問い合わせいただければと思います(^^)

片付け110番のサイトブログですが、今回は地盤改良についてのお話しでした〜



無題ドキュメント