不愉快な一日

投稿日:

もともと齋藤さんは昨日わざわざ静岡からこっちへきて、今日は彼と楽しくどこかで遊ぶべきだったのですが、なかなか機嫌が良くなくて、無意識に何回も言葉で彼を傷付けました。それに、午後4時に彼は静岡に帰る時、ずっと遠くまで見送りをしてたんですが、今日は私はアパートも出ていなかったです。彼は絶対がっかりするでしょう。
ずっと自分に齋藤さんがとてもいい人ですと言い続けています。性格もいいし、頭もいいし、かっこいいし、お金持ちです。ただ自分より遥かに年上です。年のことを気にしたくないですが、やっぱり心のどこかで気にするような気がします。
彼と不愉快に別れたら、親友の郭さんと1時間も話をしました。もうちょっと落ち着きました。先突然齋藤さんから連絡が来て、明日名古屋出張で、明後日は富山出張だから、一晩泊めてくれるって。彼は心が強いなあ。私に傷付けられるようなことを言われても、まだ平気で私と交流できますね。



無題ドキュメント