笑おう

投稿日:

フランスの画家、ピエール=オーギュ

スト・ルノワールは悲しみを書いたこ

とのない唯一の作家と呼ばれていまし

た。世界に喜びを見出そうとする姿勢

こそが人を救うと信じていたそうで

す。50歳を過ぎ持病のリウマチが悪化

し友人に宛てた手紙の中で「足が冷え

る、背中が熱い、天気が悪い、しかし

いずれ天気が良くなり、絵をを書き続

けられると確信している」と語ってい

ました。ルノワールはこの病気の手術

で手と足に麻痺が残っていましたが、

絵筆を持たせてもらい喜びに満ちた絵

を書き続けたとのことです。多少無理

をしてでも喜びを見出そうとする姿勢

が、希望と活力を呼び寄せ、幸せも引

き寄せることができるとのことです。

真似をするわけではありませんが、私

も多少無理をしてでも、毎日笑うこと

で、希望と活力を呼び寄せ、幸せにな

りたいです。



無題ドキュメント