季節の花が。

投稿日:

日本には季節と言うものがあります。ですが最近今までの季節感がずれてきているような感じです。4月春、ゴールデンウィーク中に津島市や江南市で、藤祭が始まるはずなのですが、肝心の藤の花がもう既に5分以上咲いてしまっています。と言うことです。津島市の九尺藤が八尺近くまで咲いてしまっているそうで、毎年4月の終わりから5月頭にかけてちょうど満開になるので、その時に藤祭が行われていたそうです。今年は少し早くしようかと話が出ているそうです。春が来たと思うと、すぐに夏。そして真夏になります。その前に梅雨がありましたね。いつの間にか、梅雨入りしたかと思うと、いつの間にか梅雨明けになってたりしますね。手紙の冒頭の季節の言葉がどんどん当てはまらなくなってきますね。桜咲く季節、紫陽花喜ぶ雨、向日葵の成長、などなど。とにかく季節の花の意味がなくなってしまいます。狂い咲きとかもよくいますが、なんだかかわいそう。何かがずれていますよね。狂っています。私も狂わないように、しっかりやっていきたいです。明日からは暑くなるそうです。体調整えて乗り切りましょう。



無題ドキュメント