ゴミとして処分するには当然費用がかかってしまいます。同業他社に比べ、異常に安いと感じた時はご注意下さい。他県であったケースでは、不法投棄につながっていたり、個人情報の流出として事件になっていることもありました。
そのような業者は他県へと移動しながら続けていることもあります。
相場に比べて異常に安い時にはご注意ください。

様々な地域で詐欺事件につながっているのは、無料引取りをうたいながら作業終了後にトラックに積んでから法外な金額を請求されているケースです。
詐欺事件になっている業者に共通しているのは、上記同様所在地が定着していない業者であり

まだ検討中の段階で電話で相談をしようと思っていたら、「見ないと解りませんので、これから行きます。」などと反しをすすめる業者もいます。
まるで押し売りのように・・・。こんな時は要注意です。先ずは電話で概算金額を確かめて、予算をじっくりと検討してから決めてください。

ホームページで見ていても、m3(立法)単価や重量を聞かれたり、電話で聞いていてもよく解らない時は注意してください。僅かしか処分しないのに高額になってしまうこともあります。

作業が発生すれば、どこの業者でも費用が発生します。
しかし、見積もりではその作業費について説明しない業者もいます。必ず作業費などについては発生の有無を確認してください。

行政につて処理すると安く処分できます。しかし作業はしてもらえず、2階からの運び出しやバラしも自らが行わなければなりません。また、日時も指定されており、日昼などでしか対応できない為、日頃働いてる人は困っているようです。ご自分の都合やライフスタイルに合わせて、その業者が来てくれるかを見極めて選んでください。